宮島「蔵宿 いろは」開業お祝い

2009.07.31(11:02)

昨日
一日かけて
「羽根屋中汲み原酒」を水引細工で飾りました。
宮島の宿「蔵宿 いろは」開業祝いです。

20090731110406

明るい話題ですね。

二度目で作られました。

2009.07.31(07:12)

20090731071403
広島市 安芸区 阿戸公民館での
水引細工講座に来て下さっていた笹森さんが、
買い物に来て下さいました。

結婚の祝いにと、
依頼されたのですが、
時間があると言うことなので、
自分で作って頂きました。

ご本人の腕がいいのか、
僕の指導力がいいのか、
なんと、二度目での作品です。

きっと
一緒された、
仲間の暖かい眼差しがバワーをくれたんでしょうね。

実は僕にはスタイリストが。

2009.07.30(00:00)

僕に
スタイリストがついていると言ったら
驚きでしょ?


それも 新潟伊勢丹 勤務。
更に驚き倍増?!

優しい彼は
バーゲンになったら
コーディネートして
新潟から送ってくれます。
自分では選ばない物があったりして、
結構感動しています。


いつまで続くのかな?

広島の雑誌 「旬遊」 「ワインを買うなら」特集 取材をお断りしました。

2009.07.29(12:23)

広島で販売されている雑誌「旬遊」

「ワインを買うなら」特集の記事に

「吉長さんが載っていないけど どうして?」

と、みなさんに聞かれています。

うれしい御質問で、
そんなに思ってくださっているお客様が
たくさんいらっしゃいます。


「はい!
取材をお断りしたんですよ。」



「第165回チーズの頒布会とのワイン探しの会 」二夜終わりました。

2009.07.29(00:16)

第165回チーズの頒布会とのワイン探しの会

二夜
7月22日(水)・28日(火)
「フロマージュ・ブラン」を デザートに展開しました。

28日は 料理の長尾女史が事件で欠席。

鬼の居ぬ間に
やりたい放題。

果たして結果は?


両日ともサッポロ生ビール10Lを好きなだけ飲んで頂いてのスタートです。生ビール
2日の違いは当事者だけが、理解。
7月チーズ会27月チーズ会1

ハンガリー トケイ3プットを最後に仕上げました。

来月8月は25日(火) ・26日(火) 19時開始 弊店にて  会費\3.000-です。


ナビ無し。この看板を自分で。「蕎麦や漱石」

2009.07.27(19:38)

ナビ無し。「蕎麦や漱石」
この看板を 自分の目で探したのを誉めてください。富美菊 羽根屋 たかもり2009・7・24、25、26 051
この看板から奥へ50mです。

20090726132024.jpg
献立は
蕎麦の実の 殻有り、殻無しの2種類を、 冷たくか 温かくかの2タイプですから
4通りだでけです。
富美菊 羽根屋 たかもり2009・7・24、25、26 048
気に入りました。

盛2種類で2枚いただきました。


富美菊 羽根屋 たかもり2009・7・24、25、26 050

「蕎麦や漱石」
富美菊 羽根屋 たかもり2009・7・24、25、26 051

宮崎 「一心鮨」 木宮兄弟 御推薦の「そば」に 同調したく

幣立神宮 参拝を終えて

探し当てました。

ナビの有難さより

自分で探し当てた喜びが
さらに おいしさに拍車をかけました。

「蕎麦や漱石」に行くか?
「一心鮨」に行くか?

「一心鮨」 

天晴れ!「あったァッ !」

2009.07.26(13:15)

20090726132024

20090726132016

熊本県 南阿蘇村

教えてくれる人も教えてくれる人だけど、
聞かない僕も僕です。

宮崎・一心鮨光洋の帰り道
一光君の三枚食べたと言う言葉に浮かれて、
「蕎麦や漱石 」を目指しました。

ほとんどあきらめて車を走らせていると、
目に入った看板が、
それでした。




豪雨の中 宮崎へ

2009.07.26(01:17)

20090726012222
20090726012218
20090726012216
20090726012210
二夜連続「富山 富美菊 羽根屋の集い」

初日は三川町 世羅別館で、
続いて二日目は 宮崎 一心鮨光洋で開催しました。


それぞれのお店の心尽くしのもてなしが身に余りました。

ありがとうございました。


同じ酒なのに
違う表情を見せてくれ、

それぞれの酒の
登場場面を演出する楽しさを 学習させて頂きました。


今回は
原酒造りを四種だったので、
時として
加水する楽しさも学習できましたが、

参加してくださった皆様は
果たしていかがでしたか?


欲しくも無い生ビール

2009.07.25(11:52)

20090725115416
20090725115410
前夜の飲み残し生ビールが、
もったいなくて翌日飲みました。
若い頃はビールが大好きで良く飲んでいましたが、
今はそんなにまでもなく、
無くても大丈夫。


その僕が、
酒屋がゆえに、酒を捨てるのが、もったいなくて
それだけの理由で飲む事にして、
頑張りましたが、
欲しく無い時にはおいしいとは感じませんでした。
ましてや前日開けた生ビール樽

味は昨日と違っていました。

捨てるのがいいのか?
身体を壊しても飲んだ方がいいのか?


捨てられない僕です。

美容院へお届け

2009.07.23(13:20)

今回は
事前に お届け先のホームページを拝見してイメージが出来たので
「白」をベースに作りました。

到着するなり
歓声!
一緒にパチリ!


20090723132209


オーストラリアのスパークリングワインです。

仕事の流儀「○ブホテルへお届け」

2009.07.23(04:27)

20090723043003


酒屋と言えば配達。

お届け物のご依頼が、日常ですが、
うちは、 運送会社さんにお願いしますから、
自分で運ぶ事はほとんどありません。



「○○様からの御依頼で◎◎をお届けに参りました。」

父親から子供頃に教えて貰った口上です。


ほとんどの場合
これで間に合うはずですが、
依頼されるお届け物は、
御本人が行けない 訳ありの場合が多いのです。

マニュアル通りに お届け出来る相手先なら、
訳を知らない デパートのお届けで済むはずですからね。


派出所にブレゼントする時

黙って 派出所の中の休憩室に 泥棒の様に入って
受け取りに 印鑑など必要無いと 知らん顔で置いて帰る事です。

さも、警察官の個人的な注文を届けた振りをする訳です。

ためらわず、

帰りに大きな声で、

「ありがとうございました!!」
そう、ラーメンの出前の様に。



あげてはいけない、
貰っていけない、
そこで、売上を出すのですから。



社宅の中の特定な一軒への場合。

伝票の依頼人名は隠します。
ご本人に口頭で伝えます。決して お隣には預けませんよ。

「受け取れない」と押し問答が起こると、
「お届けするのが、私の仕事」と、
理解していただきます。



いい時代でした。
今 こんな贈り物の依頼はありません。


教えてられた様に起こらない
子供の頃から鍛えられた配達のやり方が身についてしまいました。



ある日
留守のお宅の勝手口のそばの、
消し壺の中に隠してある鍵で
戸を開けてギフトを入れて
ちゃんと鍵をかけて
鍵も消し壺に戻しておいたのに、

怒って電話がかかった事がありました。


「黙って人のうちを開けて・・!」



盗んだ訳じゃなし

隣に預けて
ブライバシー侵害より良かろうと考えての行動。


これは間違いでしたね。



親に教えてもらわなかった配達ばかりの毎日。



この年になってやっとわかったこと。


昨日○ブホテル?に御中元です。

毎回お届けするのですが、いつも御機嫌斜め。

ここ二回
特級の笑顔です。

前回から僕が改めたことは、
ホテルの前に車を止めず、地下駐車場に入れる事です。

客でも無いので 迷惑をかけたくなくて
外に駐車してたけど、

その方が大きな迷惑だったんですね。

○ブホテルの入り口辺りに 
人の気配があると利用したくないですよね。

○ブホテルも利用してみないと、
相手の気持ちになれないものですね。

親が教えてくれてないことばかりです。

いくつになっても新しい発見ばかり。

今日も楽しみです。








こんな日のワイン

2009.07.21(22:45)

20090721224827
店でお客様にすすめるワインは、
前日の おいしい体験の後は 
自分の言葉にも勢いがあります。


お客様の望まれる金額が、一番のポイントですが、

自分のおいしい体験と
お客様の希望金額が、ずれている時、

悩みます。


先週末 土曜日
NHK文化センター広島教室
「酒屋のおっさんのワイン教室」での事。

教室で好評だったワインを、
講座の終わった今日は
良くしゃべっていました。


ワイン講座のお陰で
店での販売が、元気なものになります。

講座のみなさん
ありがとうございます。

久し振り。

2009.07.20(21:37)

20090720214009
こんなの見るの久し振りです。

今日は2人目の孫の「お食い初め」のお祝いに招待され、
なつかしい、自宅結婚式をした、婿のうちへ出掛けました。

途中見た「蛇」

こんなの見るの何年ぶりかしらん?

第32回 四国中央市 紙まつり「紙のまち資料館」

2009.07.20(13:51)

第32回 四国中央市 紙まつり8月1日(土)・2日(日)
「紙のまち資料館」で開催される
「水引細工作品オークション」に参加してください。

出品しました。

ここの館長さんが、とっても一生懸命な人で、
講座に通って来られている方の力作です。川之江紙まつりオークション 023

川之江紙まつりオークション 024


僕はちょっと、いや、しっかり手を抜いていますが、
水引細工を始めたきっかけを大切に
酒に付けています。川之江紙まつりオークション 014
川之江紙まつりオークション 018


望まれていけばいいですが、
残ったりしたら
さみしいですね

平和の象徴「鳩」が少なくなりましたね。

2009.07.19(16:52)

20090719165408
平和記念公園の中
平和の灯から原爆ドームです。


鳩が苦手な僕は快適ですが、
平和記念公園の鳩が少なくなりましたね。

爆心地から2KMのうちのビルも、
鳩公害で手に負えない時がありました。
窓の外にネットを張っているのはその為です。
広島の平和記念公園の周りのビルは皆さんおなじですよね。


卵のうちにつぶして
数を少なくされたのでしょうね?

平和記念公園の
鳩の群れに
ゴミ収集車が突っ込んで
鳩を引き殺したと言って
裁判になった時の事を覚えいます。



どうやって
鳩を少なくしたのでしょうかね?

「鳩公害を考える」をスローガンに
市会議員立候補まで考えた時もありました。



僕は「クラウン。」











旧広島市民球場と言う名でした。

2009.07.19(16:33)

20090719163420
原爆関係に
お供えされた「折り鶴」が展示されているそうです。

お供えされた折り鶴は
相当な数ですよね。

かなり昔の話です。

平和公園の中
「折り鶴の塔」の前を通って
深夜 酔っぱらってうちに帰る時です。
1人のおじさんが、
古い折り鶴を取り除いていました。


「・・?」


「雨に打たれて汚くなったものや、
古いものを
誰も居ないこの時間に
取り除くのが、私の仕事」と、
おっしゃりながら、お供えされた折り鶴の美しくないものを、
取り去られるのを見た事がありました。



だから、
いつもきれいな折り鶴がお供えされているのですね。


心を込めてお供えした人。
気持ちを汲んで
いつも綺麗なままを維持する人。

この人も税金?

お供えを、
気持ちを、形にするのは
この人の人件費をも解決する
「現金」の方が、
行政も有難かったりして?



不謹慎な発言ですかね?









この映像の反対側で見たもの。

2009.07.19(07:41)

20090719074203


久し振りに原爆ドームを写していると、

僕のそばを犬三匹の散歩。
見た事あるような人?

撮り終えて
振り返って見ました。


そのイキイキした表情は
きっとあのHさんに違いない。

僕と同じ業界で顔をあわせていた頃の、
暗い、物静かな表情とは違っていました。

あのHさんに、
酒屋は
そんなにストレスだったのだろうか?

理想的な立地で
おしゃれな店作り。

僕の憧れの酒屋さんでしたが、
後取り息子さんは
いつも言葉少なく、暗いイメージの人でした。


廃業されて、
今は何をされているのかと思っていましたが、

明るい笑顔で
犬三匹の散歩に。





僕も考えてしまいました。




楽しそうに仕事しているかな?






「おすすめの クレマントを二種類で6本贈ってください。」

2009.07.18(00:03)

「おすすめのクレマントを二種類で6本贈ってください。」とのお客様。

シャンパンの
値上げが続いた頃から、
心配になって
クレマントの在庫を厚くしようとして、目を光らせてはいましたが、
こんなご注文は初めてでした。

「クレマント」をわかってくださっている
お客様がいらっしゃることもさることながら、
任せて下さるのが、
何より嬉しい、怖い。


アルザス物と、ブルゴーニュ物との二種類で六本ご用意させていただきました。

こんな会話
こんな仕事
10年前には考えられない事です。

楽になりました。




明日のNHK文化センター広島教室のワイン講座は

ボルドー特集で展開する予定です。

デキャンティング体験していただく準備をしてきましたよ。

コツコツ努力が身を結ぶ
そんな気がしています。


ワイン販売
楽になりましたね。

穴があったら入りたい!

2009.07.17(10:28)

僕のブログを読んでくださっている方に

こんな紹介文を書いていただいていました。

穴があったら入りたいです。

≪シャンピー(champy)≫は広島で
≪ワイン≫の専門店を開いていて、
おいしいワインやワインにあうチーズや料理を広めています。

仕事の合間にというか、こちらが本業なのか、
ボランティアでクラウンに扮し、
風船をもって小さなお子さんから人生の先輩まで
幅広い人たちの≪笑顔≫を引き出すために活動されています。
 
そして関わった人たちの≪笑顔≫から生きる元気をもらって、
それが生き甲斐になっているようです。

シャンピーさんのブログからは
≪人に向けるまなざしの優しさ、暖かさ≫がにじみ出ています。

とても素敵な生き方をされていて
≪爪の垢でも煎じて≫飲みたい心境です。



僕の事を買い被っていらしゃって
申し訳ないです。

本性を見せていないですね。
ごめんなさい。

深く
深く
反省。

シャンペンギン

2009.07.16(13:03)

瀬川君は
段ボールやさん。

瀬川君所の作品ではありませんが
段ボールのペンギンです。20090716130624

20090716130622


段ボールの中はシャンパンです。
20090716130619

20090716130612


おみごと。



講師を越えるのは簡単!

2009.07.15(16:49)

水引細工教室に通って来られる方の作品です。
20090715165236


他所の講座に行かれることを何とも思わない僕は
新しいアイデアを見せて頂いて感動しています。
先日
「他所の一日講座に行ってきました。」と ペンダントトップを見せてくださいました。
20090715165233

中は「おはじき」が入っています。

20090715165228

お友達の古い結納飾りを
羽子板に作り替えられました。

この手の作業は簡単ですから、
いつでも御自分で、
作り直される事をお勧めします。

その為だけに
来てくださいね。

幼稚園 盆踊り大会 帰り。

2009.07.13(20:51)




「おじちゃーん! 見てぇ!」
20090713205418

去年 幼稚園の盆踊り大会の時 作った
水引きの髪飾りを
今年も付けて行ったと、
帰り道に寄ってくれました。

20090713205422


汗て濡れてしまっていましたが、
嬉しい訪問です。

20090713205428


20090713205424

団扇は自分で作ったとか。
20090713205431

欲しい風船はちやんとリクエストしてくれるようになりました。

「この色とこの色でこうやって作って!」


変身に使うそうな。

近所の年長さん。

「102才」合掌 いよいよお見送り。

2009.07.13(16:41)

通夜の昨日より
一人少ない帳場のお手伝いですが、
藤井君のおかげで鬼に金棒。
20090713164624



20090713164619.jpg
(いい男でしょ!独身です。 嫁 要ります。)


我ながら 素晴らしいチームワークとノウハウで、
御経が終わるまでには完璧に出来ました。


と思いきや、
発見!
20090713164617

出棺の時
御伴のマイクロバスに書かれた
名前の漢字が違うのに気付き
あわてて 葬儀場側へ伝えました。

20090713164614

すぐ外され名無しで走った霊柩車とマイクロバス。

20090713164609

集骨を終えて帰る時には
本来の名前が貼ってありました。

新藤→進藤

火葬の間にやり替えたあっぱれな作業でした。

間違いをちゃんと訂正する努力に
頭が 下がりました。

「102才」合掌。

2009.07.13(00:05)

いつも 大きな声で挨拶してくださる明るい人でした。

14才年下の
僕の母を気遣って下さっていました。
元気な頃は同じデイに行っていましたし、
ケアマネージャーが一緒だったので、
余計 親近感があったのは、お互いのようでした。



今日、
妻と2人で帳場のお手伝いをさせていただきました。

明日も 僕だけ行かせていただきます。



自分は
葬儀屋さんを使わず
母をおくりました。


自分で火葬手続きをして、
自分で棺桶、骨壺を買いに行って、
自分のボルボで運んで。






葬儀

それぞれに
趣のあるものですね。

「102才」 合掌。




好物が普通の物になる日

2009.07.12(14:01)

僕は「牡蠣」が大好きです。

特に 夏の「岩ガキ」は 
山陰へ フランスワイン「ミュルソー」を持って出かけて行くほどでした。

それを知っている婿が
昨日  「岩カキ」を届けてくれました。

婿たちとは 新居が出来るまで
新婚1年間 一緒に生活をしていました。
「サザエさんち」状態 ですね。

僕には
それはそれは楽しい毎日でした。


今は 妻と二人ですから、気楽と言えば気楽です。


大衆食堂化している 我が家ですから、
夕食時の来客は 多いのですが、
家族とは また違います。



大好きだった好物が
そうでなくなる日が来るって事がわかりました。


家族に囲まれて 好物をいただく。
だから おいしいんですよね。僕の場合は。

「ミュルソー」を1本 「一人で飲んでもね?」と思ってしまったら
終わりです。

アルコールに弱い
牡蠣も好きでない妻が 付き合ってくれても
無理がわかりますからね。

広島産 「岩カキ」を 今年は何度もいただいています。
フランス エリゼ宮で使われている「ミュルソー」も仕入れています。

残念ながら
両方を 一緒に楽しめる連れが 見つかりません。

と言うより 「一緒に」と 声をかける元気が 今の僕に ありません。






ケンカの止め方

2009.07.11(22:29)

実は
今日の僕のコーナーへ
ケンカが流れ込んだのです。

5年生位の男女の取っ組み合いのケンカです。

生まれて初めて
あんなケンカの止めに入りました。

原因はわかりません。

でも
許されない行為でした。



我ながら気持ち良い切れでした。
「ケンカ両成敗」



こうやって書きながら
自分に感心しています。







部屋の中では帽子は取るよ!

2009.07.11(15:50)

20090711155411
20090711155406
今日は○○児童館まつりにかりだされました。

はい!風船遊びです。

最初の挨拶で「おはよう」を連呼し、

「そこの、君。部屋の中では帽子を取るよ!」と僕。

最初の講演は
広島市安佐動物公園 象の飼育係佐々木さん。


途中入って来られた
帽子をかぶった若いお父さんに
ささやきました。

「今、子供たちに
部屋の中では帽子を取るよ!と伝えました」

「・・・・」

・・帽子・・



「帽子
取りたくないんで」と、お父さん。


頭に障害があったのかしらん?

悪い事を言いました?


今はこんな時代?


象のお話の後
僕らはひたすら風船で
象を作って遊びました。





「マスカット オブ アレキサンドリア」 僕の場合。

2009.07.10(22:16)

20090710225832
初めて
「マスカット オブ アレキサンドリア」を確実にしたのは、
小学校一年生の「七夕」の前でした。


写生するために 果物を持って行く朝
父に持たされたのが
このブドウでした。


前夜
左足の筋がつっぱって
歩けなくなってしまった僕は
痛さの余り泣き狂いました。

宿題の七夕飾りも作らなければいけませんでした。

翌朝
歩けない僕は
父に学校へ連れて行ってもらったのです。

写生は
大変難しく
父を恨んだものでした。

当時
高価な果物でした。



何年経ったのか
今日は、あの時の左足の筋が痛みます。

あの日も雨
足の痛みと、「マスカット オブ アレキサンドリア」


七夕の季節になると、
よみがえる記憶です。


父を大好きだったことを、この年になって、
思います。






実は昨日、ぎっくり腰。

2009.07.09(23:31)

またやりました。
昨日 ぎっくり腰。

めずらしくないのですが、さすがに昨日から今日
不自由をしています。

特効薬が無いこともわかっているのです。

運動不足で
筋力低下ですね。

深く反省しています。

素材持参の客人達

2009.07.09(01:33)

料理素材を持参の客人たちが、先ほど一時に御帰還されました。

与えられた食材で
我ながら
中々の料理を作ると自画自賛しています。

鴨が主役でした。

2009年07月

  1. 宮島「蔵宿 いろは」開業お祝い(07/31)
  2. 二度目で作られました。(07/31)
  3. 実は僕にはスタイリストが。(07/30)
  4. 広島の雑誌 「旬遊」 「ワインを買うなら」特集 取材をお断りしました。(07/29)
  5. 「第165回チーズの頒布会とのワイン探しの会 」二夜終わりました。(07/29)
  6. ナビ無し。この看板を自分で。「蕎麦や漱石」(07/27)
  7. 天晴れ!「あったァッ !」(07/26)
  8. 豪雨の中 宮崎へ(07/26)
  9. 欲しくも無い生ビール(07/25)
  10. 美容院へお届け(07/23)
  11. 仕事の流儀「○ブホテルへお届け」(07/23)
  12. こんな日のワイン(07/21)
  13. 久し振り。(07/20)
  14. 第32回 四国中央市 紙まつり「紙のまち資料館」(07/20)
  15. 平和の象徴「鳩」が少なくなりましたね。(07/19)
  16. 旧広島市民球場と言う名でした。(07/19)
  17. この映像の反対側で見たもの。(07/19)
  18. 「おすすめの クレマントを二種類で6本贈ってください。」(07/18)
  19. 穴があったら入りたい!(07/17)
  20. シャンペンギン(07/16)
  21. 講師を越えるのは簡単!(07/15)
  22. 幼稚園 盆踊り大会 帰り。(07/13)
  23. 「102才」合掌 いよいよお見送り。(07/13)
  24. 「102才」合掌。(07/13)
  25. 好物が普通の物になる日(07/12)
  26. ケンカの止め方(07/11)
  27. 部屋の中では帽子は取るよ!(07/11)
  28. 「マスカット オブ アレキサンドリア」 僕の場合。(07/10)
  29. 実は昨日、ぎっくり腰。(07/09)
  30. 素材持参の客人達(07/09)
次のページ