中国新聞の「尾道仮装大会入賞記事」反響 たった一行なのに。

2013.09.30(19:40)

反響が嬉しいです。

こんなメールをいただきました。

こんにちは

広島市の〇〇と言います
たまたま今朝の新聞の尾道の仮装パレードの記事を見ていて、
日本ケアリングクラウン協会の名前を見つけ
検索してホームページ見させて頂きました

私も広島市でバルーンをしていますし、クラウンにもなるので
吉長さんの名前は聞いたことがあります
ケアリングクラウンには凄く興味があるのですが知識がなく
ホームページには講座もされていると記載されていました
是非、参加させて頂きたいと思いメールいたしました。
詳しいことなど教えて頂けたら嬉しいです。



こう返事しました。


メール、
ありがとうございました。

広島銀行尾道支店長のご案内で参加を決めたのですが、
仮装大会に出ることより、NPOを告知するための手段でしたから、
前日
老人施設「ひまわり」「星の里」と2箇所。こどもの家「三美園」と
施設3箇所訪問が、尾道「山陽日日新聞」に取り上げられただけで、
充分 意義効果を 見出していました。

パフォーマンスにエントリーしたものの、
準備は無く、客席で他のグループの出し物を見ているうちに出番。
施設などで いつもやっているプログラムの一部を 2分の持ち時間で演じました。
仲間9人が いつも揃ってやっているわけではないし、
あの日初めての仲間もいましたのに、
飛んだ光栄なことでした。
授賞式でも 我々はパフォーマンスを忘れません。
優勝者を人アーチ出迎えたり、風船プレゼントを用意したり。

場の空気を読む。
場を和ませる。
寄り添うだけのケアリングクラウンですが、
今回、あなたのメールで「中国新聞」を買い求めに走りました。 

ほんの一行だけの出来事で よく探してメールを下さって、うれしいです。

あなたからのメールで、
今回の目標は達成できました。
ありがとうございました。

まだまだ よちよち歩きの NPOです。
暖かく見守てくださいね。
そして活動アイデアをくださいね。
よろしくご指導おねがいします。

先日 
アメリカから講師を招聘して
ワークショップを開催したばかりです。

10月から
中国新聞文化センター クレド教室で、
「風船でちょっとボランティア」の講座が始まります。
風船は 既にやっていらしゃるので 私のような者がお伝えすることは無いでしょうが、

ケアするきっかけのための風船講座です。

よしながたかもり


関連記事

コメント
こないだはジョビのワークでお世話になりました。
チーズフォンデュご馳走様でした。
いろいろと活動されているんですね。
四国の私たちも何かをやりたいなと思います。
いろいろなかかわり方を。
【2013/09/30 23:40】 | 矢野久代 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://champy4040.blog94.fc2.com/tb.php/2811-86efea9b